ピル通販

ピル通販

 

ピル通販と、通販を全面的に謳ってるにもかかわらず、矛盾した事を言うようで申し訳ないのですが。

 

ピルは少し癖が有ります。今回初めてピルを!と考える女性は、まず、産婦人科を受診して、正しい服用方法や、正規のピルと言う物をしっかり見てきて、勉強して欲しいと思います。

 

ピルは優れた薬である一方で通販など浸透してる昨今、偽物も出回ってたりして危険な部分も有ります。ネットで幾ら真実を追求しようとしても、なかなか難しいと思います。

 

情報網という波に載ってしまえば傍から見て、それが真実なのか偽りなのか判らなくなる部分が多々あると思います。ですので直接、医師とお会いしてピルの最低限必要な知識を身に付けて悪徳商法に引っかかる事のないようにご注意いただければ幸いです。

 

充分な知識を身に付け騙されない自信と正しく長く服用を続けられると確信が出来ましたら当サイトが安心と責任を持って勧める通販サイトで便利に快適にピルを続けて頂けたらと思います。

 

通販って便利な一方で、相手の顔が見えない分、不安が先に立ちますよね。それ相応のお金を出してるわけですから。偽物の薬なんて買いたくないですよね。

 

 

なので敢えてピルユーザーの皆さんには賢い消費者に成って頂きたく思い初回の受診をお勧めしました。

 

ネットと言う情報網の中に、確かに悪徳業者も蔓延ってますが正しい知識が有れば正規の物を見極め選ぶ事は容易に思えます。

 

便利な世の中・便利な物は賢く便利に安全に使いたいですね。そこで当サイトが通販とは少し脱線しますが、以下に簡単に注意事項等を説明したいと思います。

 

だいぶ周知されてきたと思いますが、今一度、服用に際しての禁忌を述べたいと思います。まず、高血圧・肥満・血栓症のリスクのある人。また、これは、まだ、あまり知られてないのではないでしょうか?

 

「前兆」のある片頭痛を起こす方はピルを服用できません。

 

因みに前兆が何を指すかというと、光で字が見えにくくなる・視野が狭くなる・光が見える等です。

 

 

残念ながら予防薬を服用してたとしてもピルの服用は出来ません。こういった症状があるにも関わらず知らずに服用してしまうと大変危険です。

 

但し、こういった前兆のない片頭痛の方は服用可能です。

 

けれど自己判断は危険です。まず自分が感じてる異常が前兆のある片頭痛なのか否かを医療機関を受診して診て頂くことも重要かと思います。

 

もしかしたら、違うかもしれませんから。まずは、服用に際しての禁忌をよく知った上で誤った知識と偏見を無くす事が大事です。

 

また、特に服用に心配のない方でも、定期的に血液検査をして血栓症の危険因子・貧血の有無、脂質・肝機能等をチェックして頂くことが重要です。

 

こういった点の「安全」は、やはり女性一人一人が強い認識の基、維持していく事が大事だと思います。

 

定期的に医療機関を受診して安全の維持に努める事が出来る方は、当サイトが案内する優良サイトより正規品を購入し上手にピルと付き合って頂きたいと思います。

 

ピル通販は便利ですがピル初心者には正直お勧めしません。慣れてる方は便利なこちらを利用下さい

 

ピル避妊

 

 ここでは、今一度、ピルの避妊成功率について述べたいと思います。まず、通常何も問題が無ければピルの避妊成功率は99.9%とされてます。

 

問題なくというのは「正しく服用できれば」という事です。ピルって飲めば簡単に避妊が成立すると思われがちですが、ハッキリ申し上げますと、簡単には避妊は出来ません。

 

避妊効果が現れるタイミング等、正しく把握してないと予期せぬ妊娠等の失敗が起こります。

 

婦人科の受診をせず、直に通販で取り寄せて飲み始めようとしてる方には特に重々把握していただきたいことがあります。避妊が一番の目的で飲み始める場合も生理痛軽減が目的で飲み始める場合も、必ず
生理を基準に服用しなければなりません。

 

生理の初日から飲み始めるデイワンタイプか。生理が来て最初の日曜から飲み始めるサンデータイプか。此処は任意の選択になりますが、サンデータイプで服用を開始した場合、避妊の効果が現れるまで1週間を要するので、その間は無防備は性交を避けてください。(コンドームを必ず着用しましょう)

 

 

因みに「タイプ」と付くと、それ専用に別々にシートが有るように捉えられてしまうかもしれませんが、そういう訳では無く、低用量ピルのシートを生理の初日に飲むか、生理が来て最初の日曜日の飲むかを区別してデイワンタイプとサンデータイプと表記してます。

 

タイプの話は置いておいて、因みに、外出しは避妊した事になってません。ピルの避妊効果が現れる前にゴムを使用せず外出し・又は中に出した!とか予期せぬアクシデントでゴムが破れた等、妊娠の危険が有る場合はアフターピルが適応に成ります。

 

アフターピルは行為後72時間以内に服用する事で臨まない妊娠を避けます。但し服用から2時間以内に嘔吐・又は下痢の副作用が出てしまった場合は充分に吸収されてない事が考えられるので追加でもう一錠飲む必要が有ります。

 

アフターピルは改良を重ねられた「アイピル」がお勧めです。吐き気・嘔吐・下痢などの副作用が0%から10%と極めて低くなっております。安心して服用して頂きたいと思います。因みに、アイピルは最近は医療の現場でも積極的に取り入れらてますし、通販でも取り扱いが有ります。

 

但し、副作用を抑えられてるとはいえ、それなりに強い薬ですので頻繁に服用できる物でもありません。

 

では、低用量ピルの注意点に戻ります。デイワンタイプとサンデータイプの癖を理解し、しっかり避妊策を講じた所で、もう一点、注意事項が有ります。

 

7日間の休薬を超過するのは危険という点です。実薬の21錠のみのシートを選択した場合、特にカウントを間違わないように注意して頂きたいと思います。

 

何故8日以上の休薬は危険なのかと言いますと、卵巣が目覚めてしまう為です。

 

個人的な意見ですが、慣れないうちは、7錠の偽薬がセットになったシートを選ぶのも良いと思います。

 

目覚めた状態で直ぐに無防備な性交があったからと必ずしも妊娠するわけではないのですが危険性は高くなります。

 

ピルで避妊をしっかり行いましょう、コンドームも併用して性病も回避しましょう

 

ピル副作用

 

 ピルの副作用として深く浸透してる代表的な症状として多くの方が挙げるのが吐き気・嘔吐
浮腫み・頭痛等ではないでしょうか。もちろん正解です。

 

けれど、最も手ごわい副作用の吐き気に、お悩みの方には、心強い助っ人が居る事をご存知ですか?酔い止めを一緒に飲むと吐き気対策が出来るとされてますが、助っ人は、それだけでは有りません♪

 

それはズバリ、ビタミンB6なんです。色んな対策をと入りれて副作用を断ち切り薬の効果を発揮させましょう。

 

 

妊婦さんにも、同様の効果があったそうで、これは試してみる価値は充分あるでしょう♪適切な量としてはサプリメントのビタミンB6を1日3回に分けて服用しトータル75mgを摂取した所、副作用の吐き気が緩和したそうです。

 

因みに、日頃、私たちが口にしてる食べ物の中にも豊富にビタミンB6が含まれる食材があります。

 

 

一部を挙げますと、バナナ・野菜・豆類・鶏肉・豚肉・魚介類等です。

 

日頃からバランスよく食べる事を心がけて副作用を乗り切りましょう。

 

吐き気を含む副作用の対策は人それぞれです。自身にあった対策を見付けて辛い時期を乗り切りましょう。

 

但し色々試しても乗り切れない時は、残念ながら薬が体に合ってない可能性もあるので専門医に相談してみましょう。

 

 

 

ピルの副作用等、色々踏まえて、相性の良いピルと長く付き合える方は此方の詳細を確認しましょう

 

ピル止めた後

 

 一旦、服用していたピルを何らかの事情で止めようとする時誰もが不安になるのが、止めた後の身体の変化ではないでしょうか。

 

そこで長く続けてきたピルの服用を止めた後、女性の身体はどのような反応をするのか調べてみました。

 

ただ、服用を中止する際は必ず医師と相談のもと、そのタイミング等決めて下さい。決して自己判断で、間違ったタイミングで服用を中止しないで下さい。

 

ホルモンバランスを大きく崩す危険が有ります。注意事項は、この一点だけですね。服用を止めるタイミングを先生に見極めて頂いた上で止めた場合、基本、別段、悪い事は起きませんという結論から先に述べさせて頂きたいと思います。

 

まず身体に起きる変化として。服用中止後、通常の生理が来るまで数か月を要するという点ですね。

 

服用を中止後、妊娠し難いか、し易いかは個人差が出てくる所なので一概には言えませんが。

 

妊娠を希望しないのであれば、ちゃんとした生理が起きてなくてもしっかり避妊しましょう。

 

一部調査結果では服用中止の直ぐ後に妊娠した場合に二卵性の双子ちゃん妊娠率が高いという報告が有りましたが。

 

 

勿論、胎児にも母体にも重大な異常が起こる事も無く将来の妊娠出産や生まれてきた子供への悪影響も有りません。

 

なので、用途に合わせ服用し、必要に応じて不安がらずに服用を中止して大丈夫です。

 

ただ、長い間服用を中止して再開させた時は、体の中の

 

ホルモン状態は振り出しに戻ってますので、また飲み始めの

 

数日間はピルの副作用の洗礼を受ける確率は高くなります。

 

ただ、こちらも、必ず副作用が出るという訳ではないので、やはり必要に応じて再開して頂いて全く問題ありません。

 

ピルを止めた後の注意事項等も判った所で、まず一度ピルに「改善」を託してみたい方はこちらから

 

ピルPMS

 

 ピルでPMSを改善しましょう。ピルは優れた薬です。避妊・生理痛の軽減・生理不順の改善だけでなくPMSを改善する事も可能です。このPMS、不快な症状も多岐に亘っていて絶えず多くの女性を苦しめています。

 

最も多くの女性が感じてるのが、生理前の吐き気腹痛・イライラ・眠気・便秘等と思いますが。
では何故、ピルでPMSは改善するのでしょう。

 

PMSは排卵後の女性ホルモンバランスの急激な変化の影響をダイレクトに受けてるとされています。

 

けれど、継続的に低用量ピルを服用する事でピルが予めホルモン環境を穏やかに変えてく為、生理前の
ホルモンバランスの変化が少なく抑えることが出来ます。

 

急激なホルモン変化が起こる事が無くなるため、PMSも改善すると考えられてます。

 

しかし、ピルで軽減されてるとはいえ、PMSの最大の敵はストレスです。上手に発散しましょう。

 

 

そして極度な運動不足も、やはりPMSを重くしてしまう可能性も

 

あるそうですので、適度な運動も心掛けましょう。

 

PMSと思われる症状が現れても、或るいは別の疾患が不快症状を

 

引き起こしてる可能性が有りますので、受診は、しっかりしましょう。

 

素人が判断するのは危険です。特に回を重ねるごとに重くなってきてる等、気になる変化は見逃さずに早めに受診しましょう。

 

因みに私の場合、PMSでとにかく眠気が強くて、抗う手段としていつも以上にカフェインを多く摂取してましたが、実は良くないみたいで。
後で調べたらカフェインは控えましょうってあった(^^;)

 

ピルはPMS等、女子の様々な生理トラブルにしっかり対応します

 

ピル安全日

 

 ピル安全日では危険日と言うのも存在するのでしょうか。基本的に、デイワンタイプで始めたユーザーさんは、飲み忘れ等しない限り、ずっと安全日です。

 

ただ、安心しきりでコンドームの併用を怠ると、性感染症等のリスクは当然、高まってしまいます。

 

性感染症に安全日は存在しません。予防するにはコンドームの使用が必須になります。

 

さて。先程、デイワンタイプで飲み忘れが無ければと述べましたが。サンデータイプで始めた方には
ある一定の期間、危険日に該当しますので注意して頂きたいと思います。

 

サンデータイプで生理が来た最初の日曜日に飲み始めますと、それだけ卵胞も活発になり、卵胞の活動を眠らせるのに7日間を要しますので、ピルの効果が現れるまでの7日間は必ずコンドームの着用などで避妊してください。

 

 

以降、飲み忘れ等が無ければ安全日に入れます。ただ、忘れずに決まった時間に毎日飲んでいても飲み合わせによって効果を弱めてしまう・副作用を強めてしまう薬も有りますので、医療機関で処方して頂く場合や薬局で自分で購入する場合、飲み合わせをしっかり確認しましょう。

 

ピルは飲み合わせや、サンデータイプで始めた場合の最初の7日間以外は、継続して飲むことで「安全日」を維持していくことが出来ます。

 

別段、特別な事情が無いのであれば、初日からしっかり避妊効果の得られるデイワンタイプで始める事を推奨します。

 

ピルの安全日危険日が判った所で自分に合ったピルを探したい方はこちらから選べます

 

ピル高血圧

 

 ピルは飲み忘れ・飲み間違えがなければ女性にとって心強い「お守り」になってくれる薬ですね。

 

ただ、どんな薬にも共通してますが、自身がその薬を服用して良いのか確かめておく必要が有ります。

 

勿論、自分では確認しきれない部分もあると思いますので、自己判断せずに、しっかり受診して太鼓判を頂いてから服用を開始しましょう。

 

市販の風邪薬等と、また違い、ピルには癖が有ります。禁忌とされてる事も市販の薬より多くあります。

 

ピルは高血圧の人は避けた方が良いと、よく耳にしますが。高血圧を始めとして、他の持病が有る場合も安易に服用する事は避けて医師の指示に従ってください。

 

 

他の薬と比べ、血栓症のリスクが上がるのも確かな事実です。高血圧等有ると、そのリスクは他の方より高くなるとされてます。リスク軽減の為、時として、降圧剤の服用も検討する必要が出てきます。

 

因みに、ピルと相性が悪く、どちらかを諦めないとならないという事は無いそうです。或いは、少し間隔を空けて飲む等、工夫も必要かもしれませんが。そのあたりは医師の指示の従って頂ければと思います。

 

高血圧でも、降圧剤でしっかりコントロールできていればピルを安全に服用する事は可能です。

 

ただ、2種類以上の降圧剤を併用しないと効果が現れにくいような場合はピルの服用も一旦諦めざるを得ない場合が有るそうです。

 

高血圧は様々な要因が絡み合ってますので、食生活・生活習慣等を見直して丁度良い血圧の維持に努めましょう。

 

ピルは高血圧などの問題をクリアーしてから、医師の太鼓判を頂いてから便利に快適に服用しましょう